2018年10月18日

N予備校が『日本e-Learning大賞』で文部科学大臣賞をいただきました!!!

こんにちは中久喜です。今日は大変うれしい報告から


企業や学校などでのeラーニング(平たく言えばネット教育)の中から特に優れたものを選出する『日本e-Learning大賞』で、このたび私達「N予備校」が大賞に次ぐ「文部科学大臣賞」をいただきました!!!!!


「これまでのeラーニングの課題であった動画を視聴するだけの一方向性を解決した新規性、独自性が評価され、この度の受賞となりました。」とのことです。


これは私達講師陣以上に、システムの構築と維持に日々尽力されているドワンゴのエンジニアの方々、日々運営にあたっているスタッフの皆様の力によるものです。自分が本当に革新的な環境で、本当に新しい未来を築きつつあるのだ、という実感を新たにしました。そんな環境に私を置いていただいていることに心から感謝です。


大賞ではないのが個人的には不満なのですが笑、非常に大きな評価をいただいたことには間違いないので、素直に嬉しいです。


大きな風が吹き始めています。今後にご期待ください!



【今日の授業】new!!

英文読解スタンダード 第17「否定」「秋の英文精読チャレンジ大会」


本日の授業では前回の続き「否定」の後に「秋の英文精読チャレンジ大会」を実施します!


スタンダードの皆様にはやや難の問題ばかりですが、今まで学んだことをしっかり適用すれば必ず読める、訳せる問題ばかりです。全問題挙手を募る予定です。しっかり準備できてますか?一人でも多くの参加を待っています!



【昨日のベストコメント】

英文読解ベーシック 第17everがついた関係詞」でした。


◆「そもそもS探したからVわかった」

文中にVの候補が複数ある場合にどのように判断するか、についてのコメントです。まさにその通りですね。Vから探そうとするからたくさんの候補に出会い、迷い、時間をくい、誤読するわけですよ。語順通りSから決めてそれに伴うVを探す、という基本が徹底されていれば何も迷わず判断できますね。


◆「マウスも左利き用が欲しい」

昨日も少し話しましたが、左利き用のマウスありますよ!それほど高価ではありません。


IMG_20181018_152552_1.jpg


マイ左マウス僕は生粋の右利きですが、右手の負担を減らすためにマウスは左手で操作しています。最初は違和感ありましたが、すぐに慣れますよ。ちなみに右手の負担を減らしたい理由は「キーボードがかな入力→かな入力は右手の担当範囲が広い→右手の腱が疲れやすい」からです。かな入力ですよ、仮名!できますか?ちなみに私はブラインド入力もできます(人間国宝申請中)



【先生、長文はどういう「読み方」が理想ですか?に答えました。】

昨日の記事です。この時期非常によくいただくこの↑質問に徹底的に答えました。ぜひ読んでください。



N予備校youtubeチャンネル~登録よろしくお願いします】

N予備校の講師紹介、数学ベーシックの授業、講師陣による投稿動画などなど盛りだくさんです。



【ブログのコメント欄を解放しています】

承認制ではありますが、皆さんが自由にコメントできるようにしています。また、授業の感想、私宛のメッセージなど掲載を希望されない場合は「掲載不要」と明記してください。



posted by 中久喜 匠太郎 at 15:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

【注意】本日の英文読解ベーシックは21時スタートです!

おはようございます中久喜です。暴食が続いたので野菜スープで日々体内浄化してます。トマトスープに赤だしを加えると味に奥行きが出ます。


赤だしはいいですね~大好きです。名古屋の人がうらやましい。



32547775_1529425047183078_8681429099190681600_n[1].jpg

※ちょっと前に撮った写真ですすみません 



今日は重要な連絡祭りです。


注意!!!!!【英文読解ベーシック・授業時間が変わります!】注意!!!!!

本日から毎週水曜日の「英文読解ベーシック」の授業はスタートが21:00になります21:0022:30です。くれぐれもご注意ください。



【英文読解WS・解答事前提出は今日が締め切りです】

10/19()英文読解ワークショップ・解答根拠研究会~空所補充・下線語句問題編~の解答事前提出募集中です!締め切りは本日22時です。

詳しくはこちらから↓

https://www.nnn.ed.nico/questions/8199



【明日の英文読解スタンダードは…】

10/18()のスタンダード第17講で「秋の英文精読チャレンジ大会」を実施します!


前回の続き「否定」を終えた後に、スタンダードとハイレベルの中間くらいの大学入試和訳問題に挑戦する「秋の英文精読チャレンジ大会」を実施します。


スタンダードの皆様にはやや難の問題ばかりですが、今まで学んだことをしっかり適用すれば必ず読める、訳せる問題ばかりです。授業までの10日あまりの時間を生かして、入念に予習してください。全問題挙手を募る予定です。問題はこちらから

https://www.nnn.ed.nico/questions/8102


そしてこの問題に1か所訂正があります!(4)の下線部中の”at the art”は削除してください。ご注意あれ。詳細はこちらから

https://www.nnn.ed.nico/questions/8104



【先生、長文はどういう「読み方」が理想ですか?に答えました。】

昨日の記事です。この時期非常によくいただくこの↑質問に徹底的に答えました。ぜひ読んでください。



N予備校youtubeチャンネル~登録よろしくお願いします】

N予備校の講師紹介、数学ベーシックの授業、講師陣による投稿動画などなど盛りだくさんです。



【ブログのコメント欄を解放しています】

承認制ではありますが、皆さんが自由にコメントできるようにしています。また、授業の感想、私宛のメッセージなど掲載を希望されない場合は「掲載不要」と明記してください。



posted by 中久喜 匠太郎 at 09:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

実力のない受験生ほど英文の「読み方」にこだわる

中久喜です。さっそくですが、本題に。


先日ブログのコメントで、とても良い質問&とてもうれしい報告をいただきました。


「センターの長文で高得点を取るには、良い意味でのいい加減さも必要だと感じましたが、二次試験では全文しっかりと読み込む必要はありますか?」


いい質問です。そして、とてもうれしい報告が。同じ人からです。


「今日初めてセンターの過去問で時間を3分余らせた上で、9割を超えました(194点) 特に長文の方で全問正解を出せたのも恥ずかしながら初めてで、これも先生のおかげです。この場を借りてお礼を言わせてください。」


素晴らしい!!!!!!!!!!! 私はこの方の昔の成績を知っている…はずです(コメントで教えてくれましたよね笑)。それが正しければ、おそらく半年で100点近くのジャンプアップをしているものと思われます。センターは決して難問はないとはいえ、長文で満点を取るのはなかなか難しいですよ。単語だけを追って何となく「読めている気分」になっているうちは絶対に満点はとれません。読みの精度と速度がともに上がっている証拠です。正しい学習ができているということです。


さて、上の質問に戻りましょう。「良い意味のいい加減さ」…なるほど、言いえて妙、というやつですね。ただ、表現が巧みなだけに一人歩きしてしまう危険性をはらんだ言葉でもあるので、ちょっと慎重に話しますね。


まずは簡潔に答えから。必要です。ですが、ここで言う「いい加減」は「雑」ではなく、まさに本来の字義通りの「良い加減」です。英文精読学習の過程は「意識化→無意識化」であることはたびたび話していますね。授業で徹底的に構造の意識を叩き込み、目の前にある英文の形を自分でつかめるようになる。ここまでが意識化。そこから「量」の練習を積み重ねて、構造を意識しなくても無意識につかめている、ちょっと変な言葉で言うと「無意識に意識できている」ようになる過程が無意識化。ここでの「いい加減」は「ある程度は無意識に任せていい、ただし、ベースとなる意識化がしっかり完成していれば」という意味です。


センターの長文は基本的には高2レベルの平易な英文でできています。N予備校のハイレベルの授業で訓練しているような「タテの意識」など持つまでもなく、「読めばわかる」というレベルのものです。N予備校の授業、特にスタンダードで徹底的に訓練している構造の意識化がおおむね完成に至っていれば、センターレベルの英文で読めないものはおそらくもうないと思います(単語力はまた別の話ね)


さあここまできたら後は「無意識化」ですね。センターの英文全部にいちいちSだVだ、ここからここまでがカッコに入って…などと書き入れている時間は当然ながらありません。そして何より大切なこと…書き入れなくても読めますよ、きっと。このジャンプはなかなか勇気が要ると思いますが、速度を手に入れる上では必要なジャンプです。勇気を持って無意識の世界に足を踏み入れてください。しかーし!言うまでもなく、模試の本番にいきなり無意識に読め、と言ってるんじゃありませんよ。普段の訓練の場で「無意識化」の訓練をしっかり取り入れてください。このあたりの話はこのブログでも授業でもたびたびしていますよね。


ではメインの質問に移りましょう。


「二次試験では全文しっかりと読み込む必要はありますか?」


これ、本当によくもらう質問です。おそらくこの質問者の方の意図は「センターはいい加減でいいにしても、二次ではどうなんでしょうね?」という純粋な心配なのだと思います。ですが、何せよくもらう質問なので、ちょっと話を一般化させてください。今後このテの質問が出てこないように、完膚なきまでに()答えさせてください。


おそらくこの質問をぶつけてくる受験生のハラの底には以下の2つの淡い願望があるのだと思います。


① 「ぜ、全部読まなくてもいいのでござるよね…(そうだと言ってほしい)

② 「精読なんてしないで、いい加減に読んでいいのでござるよね…」


まず①から粉砕しましょう笑 極論を言えば、設問の解答箇所だけ読んで正確に解釈できれば、満点が取れます。おめでとうございます。ただし、この「設問の解答箇所だけ読めれば…」には数々の落とし穴があります


(1) そもそも解答箇所は読まなきゃわからない

(2) 解答箇所に至るまでの部分を誤読すると、解答箇所の解釈も誤る可能性がある

(3) 設問の解答に関わらない部分を正しく解釈できていないと、設問部分の正しい解釈ができない場合もある


これだけ並べればOKですね。「設問の解答箇所だけ読めば…」は幻想です。大前提として、本文は全て読むつもりでいてください。


では②。これは「読み方」を過剰に気にする受験生が陥りやすい「読み方原理主義」が背景にある疑問です。「俺は精読派だぜ」「あたしはパラグラフリーディングよ」「拙者は情報構造でござる」と、「読み方」なるものを追い求める受験生ほどこういった「読み方は一つ!他はアウト!」という原理主義に陥りやすいです。


考えてみてほしいのですが、「読み方」って何ですか? 普段日本文を読むときに読み方なんて気にしていますか? 「内田樹の文かあ、よし、パラリーでいこう!」「村上春樹はやっぱりしっかり精読して、無駄に多いMをしっかり取り外さなきゃネ」なんて考えて読んでいる人がもしいたら連絡ください。すんげえ興味があります笑


話を戻します。どう日本文を読んでいますか?易しいところはさらさら流し、難しいところはん?と止まって考えますよね。そして、こういうシフトをおそらく無意識に行っているはずです。もちろん第一言語である日本語と第二言語である英語を同じには扱えません。ですが、先ほどもお話しした「意識化」がある程度完成していれば(N予備校生は皆そうなっていると信じていますよ)、ある程度は同じに扱ってしまっていいでしょう。「シフト」してください。基本的には肩の力を抜いてラクに読む。ちょっと難しい文に出会ったり、前文とのつながりがわからなくなったら止まって考える。設問の解答箇所は当然しっかり読む。それだけです。「何だよ、こんなに長いことだらだら書いておいてそんな結論かよ」その通りです。こんな結論です。ごく当たり前のことをしてください。それだけです。最後に2つ。


ますひとつめ。これまで相当な数の受験生を教え大学へと送り出してきましたが、「読み方」なるものを極めたおかげで難関大に合格できた、という生徒は一人もいません。みんなごく普通の勉強をして、普通に読んで、普通に合格していきました。厳しく言えば、「読み方」なるものへの執着は、自分の実力が足りていないことの傍証なのでしょうね。


そしてもう一つ。私がN予備校でひたすら皆さんに伝えているのは「読み方」ではありません。「土台」です。



【英文読解ベーシック明日の授業について】new!!

ご注意ください!明日から毎週水曜日の英文読解ベーシックの授業はスタートが21:00になります21:0022:30です。ミッドナイトモードで臨んでください笑



【英文読解WS・解答事前提出募集中!】new!!

10/19()英文読解ワークショップ・解答根拠研究会~空所補充・下線語句問題編~の解答事前提出を開始します!締め切りは明日22時です。

詳しくはこちらから

https://www.nnn.ed.nico/questions/8199


英文読解ワークショップって何よ?という初歩的な疑問への答えはこちら↓

https://www.nnn.ed.nico/questions/7621



【次回スタンダードは…】

10/18()のスタンダード第17講で「秋の英文精読チャレンジ大会」を実施します!


前回の続き「否定」を終えた後に、スタンダードとハイレベルの中間くらいの大学入試和訳問題に挑戦する「秋の英文精読チャレンジ大会」を実施します。


スタンダードの皆様にはやや難の問題ばかりですが、今まで学んだことをしっかり適用すれば必ず読める、訳せる問題ばかりです。授業までの10日あまりの時間を生かして、入念に予習してください。全問題挙手を募る予定です。問題はこちらから

https://www.nnn.ed.nico/questions/8102


そしてこの問題に1か所訂正があります!(4)の下線部中の”at the art”は削除してください。ご注意あれ。詳細はこちらから

https://www.nnn.ed.nico/questions/8104



【N予備生達の長文学習】

何日か前の記事で「どのような長文学習をしていますか?」と募集したところ、何人かのN予備校生からコメントをいただきました。ぜひ参考にしてください。コメント欄は一番下にあります。



【N予備校youtubeチャンネル~登録よろしくお願いします】

N予備校の講師紹介、数学ベーシックの授業、講師陣による投稿動画などなど盛りだくさんです。



【ブログのコメント欄を解放しています】

承認制ではありますが、皆さんが自由にコメントできるようにしています。また、授業の感想、私宛のメッセージなど掲載を希望されない場合は「掲載不要」と明記してください。



23331254_1346103515515233_503581909089421550_o[1].jpg




posted by 中久喜 匠太郎 at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする